CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 脇腹から背中〜鳳凰〜 | main | 額〜鯉と桜〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
脇腹から背中〜鳳凰〜


本日も、皆様
ありがとうございます(*^_^*)

今日は、ジョギングの途中
流れ星を三つも見ました。

一つ目は、頭上に
オレンジ色の光。

二つ目は南の空に
白く光り、流れていった。

三つ目は北東の空に
肉眼で見て
野球のボールぐらいある大きな
青い光が緩やかに
彗星のごとく落ちていった。


走り終わった後
お世話になった方が
亡くなったと連絡が入った。


近々
会う約束をしていました。

良い知らせであることを
願っていた。

別れはいつも突然やってくる。
彼女は星になった。

肉体がなくなっても
魂は永遠に残ると私は思っている。

死んだ人に会ったこともある。

話をしたこともある。

だから、肉体がなくなったからといって
この世で会えなくなったからといって

その人が生きてきた道も
その人が経験してきた人生も
すべてが
何もなくなるわけではないと

私は、思っている。


なのにいつも思う。
後悔しないように生きようと
そう思いながら
後悔する。

だけど
自分を責めることは
しないでおきたい。
そこがその時の
自分の最善だったから。

その昔、一つの命を失った時
泣き崩れる私に
友人が、かけてくれた言葉がある。
これから、どのように生きるかが
死んだ命の供養になるんじゃないかな。

と。

そう
頭では分かっていた。
だから、気の済むまで泣いた。

その時にしか
感じることが出来ない感情を
魂の奥底から
感じきった。


だから今も
締め付けられるこの想いを
感じきろうと思う。

彼女はこれから
空に昇ってゆく。

懐かしい魂に逢い
愛に包まれる。

そして私は
彼女への供養として
貴方の生きた証を
形にしようと思います。

私がどう生きるか。
私の生きる道。

ありがとうでは
言い尽くせない想い。

愛と感謝を込めて。


今日のお写真のお客様も
この鳳凰を彫られたのは
空に昇っていった
ご友人のことを忘れない為にも
彫ったのだと
先日、お聞きしました。

亡くなった人が
安心して空に昇っていけないのは
この次元に置いてきた大切な人が
しっかり生きていない時
心配になるからだと
聞いたことがあります。

本当にその命を想うのならば
どんな自分も愛し
どんな今も受け止め
精一杯生ききることなのだと

理解しました。

次回、完成目指します
手
長丁場になるかと思いますが
精一杯取り組みます<(_ _)>
どうぞ宜しくお願い致します
ききき









本日も
愛と感謝を込めて
きらきらきらきらきらきら


合掌
| いろいろな刺青作品 | 21:35 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - | |
コメント
お疲れ様ですm(_ _)m
今日、自分も流星か彗星を見ました!
18時35分頃、北東の空に。
自分は 想う事があり、浜で空を見上げてました。
今も、夜空に星が綺麗に輝いています。
人は魂になっても支え合って輝いて行けると思っております。
愛に包まれた魂であります事を、影ながら祈っています。。。m(_ _)m
| カッパ | 2015/12/02 12:25 AM |
返信遅くなってすみません。
本当に綺麗な流星でしたね☆

ありがとうございます<(_ _)>
| 豊咲華 | 2015/12/10 10:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tuzurukotoba.jugem.jp/trackback/871
トラックバック